22257767_m.jpg

委員会

1.総務委員会

当連盟の運営全般を担当し、より効果的な運営を目指す。
各委員会との連絡調整を行い、各委員会の開催について助力する。
支部活動への指導及び助言に努める。

■分科会1:サブリース不動産ADR委員会
■分科会2:賃貸住宅環境向上委員会
■分科会3:賃貸住宅経営収益向上委員会
■分科会4:賃貸住宅空き家対策委員会
■分科会5: 優良アパート建築設計委員会

<参考>総務会委員会報告(2021.12.27)
■分科会1:サブリースADR委員会において
サブリース事業の発展を促進させるため、サブリース事業に係る関係諸法令及び税制正等についてサブリース事業の利益に資するよう適切な運動を行う。

-提言された具体的内容-
・サブリースのトラブルを公的な裁判外調停(ADR)での解決の普及と啓蒙
・相対的に弱いオーナーが納得でき、サブリース事業者の経営改善が可能な制度に
・既存アパートの長寿命化と省エネのための補助金制度の拡充
・サブリース制度の法的再整備、サブリースガイドラインの策定

既存住宅市場が十分に整備されている欧米諸国と比べ、日本は既存住宅市場が必ずしも活性化しているとは言い難い。その要因として、建物評価が築年数を基準として算定されるため、その価値が適正に評価されないことがある。

欧米と同様に既存住宅の流通促進を図るため、国と連携して担保価値の評価方法を見直すよう金融機関に求める。既存住宅市場の社会的価値の向上を目指す。

 

2.政務対策委員会

当連盟の目的達成のため、関係各機関に対して陳情、要望を積極的に行う。
必要に応じて他団体と不動産政策に関する意見交換会を開催し関係を深める。

3.財務委員会

当連盟の持続可能な運営に寄与するための予算の立案及び執行の確認を行う。
財政基盤の確立のため各支部へ協力を求める。
継続的な納入促進を図り、会費納入率を高める。

4.組織広報委員会

入会促進のためのPRパンフレットを作成・更新する。
ホームページ等の媒体を使いタイムリーな情報を会員に届ける。